クレジットカード現金化でよくある詐欺の手口3選をご紹介!

例え、どの業界を選んだとしても詐欺業者は存在します。

そして、当然のことながらクレジットカード現金化にも詐欺を行う悪徳業者は存在しているため、無八雲に業者を選んだのでは痛い目を見ることになるでしょう。
詐欺に遭わないように現金化を上手く有効活用するためには、その詐欺の手口を知る必要があります。

クレジットカード現金化でよくある詐欺の手口を紹介いたしますので、是非こちらを読んで詐欺被害を防いでください。

入金がされない

クレジットカード現金化で、もっとも多いのがこの詐欺の手口です。
こういった詐欺を行う悪徳業者の特徴としてはあり得ないほどの高換金率を提示するということがあげられます。

頭から騙すつもりでいますので「換金率95%で取引をいたします!」なんてことも簡単に話してきます。
知っている方もいるかもしれませんが、現金化の相場は85%ほどとなっており、95%となると現金化業者が赤字となってしまうため絶対に95%で取引できる業者はおりません。
それでもあり得ない換金率を言ってくるということは初めから入金をするつもりがないということです。

あまりにも高い換金率を提示された時には入金されない可能性もあることを考慮しなくてはなりません。

個人情報を奪い取る悪徳業者

あなたが渡す物の中で価値のあるものは現金だけではありません。
個人情報も今や高額で取引される商品となりえますので、悪徳業者に申し込みをしてしまえばあなたの個人情報を売却される恐れがあります。

こういったことを防ぐためには現金化業者に渡す個人情報を必要最小限にするのがオススメです。
免許証に書かれている個人情報だけであれば、大した被害は受けませんので工夫しましょう。

現金化の紹介屋詐欺の手口

もし、あなたがお金が今すぐ必要で焦っているのだとしたら紹介屋による詐欺に気をつけなければなりません。
紹介屋とはインターネット上に高い換金率で取引をすると宣伝をし、その換金率の釣られてやってきた利用者に、
「当店では取引できませんが、他社を紹介いたします。」
と言い、闇金を紹介してくる現金化業者のことです。

当然、この闇金と紹介屋は裏で繋がっており、もし利用するようなことがあれば闇金に違法な金利、紹介屋に3割~5割の紹介料を支払わなければならなくなりますのでご注意ください。

悪徳業者に詐欺の手口は様々

ひとことに悪徳業者と言ってもその詐欺の手口は様々です。
下手な現金化業者を選んで換金をしてしまえば、このように利用金額を騙し取られることになります。
他にも数々のデメリットがありますので、現金化を利用する際には悪徳業者を選ばないように注意しましょう。