クレジットカード現金化の体験談を信じる者は詐欺の餌食となる

「体験談」を見ると、自分が体験したことのない出来事も頭の中で理解することができます。
普段から体験談を見るのが好きという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、どの業界でも実はネット上に流れている体験談の9割はすべて業者による自作自演の体験談となっており真実を語っているものはありません。

「嘘は嘘であると見抜ける人でないと使うのは難しい。」

某巨大掲示板の管理人も言っていましたが、現金化も嘘の体験談を信じてしまえば詐欺業者の餌食になってしまいます。

カードでお金を換金する時には、参考にする体験談も厳選しなくてはなりません。

ネット上の体験談はすべて詐欺業者の罠と思え!

「現金化 体験談」で調べると様々なタイプの体験談が掲載されています。

  • 利用者の口コミ
  • 体験談の記事
  • 管理人の体験談

どれもまるで実際にその業者を利用したかのような体験談が記載されています。

ですが、本当にその体験談は信憑性のある情報でしょうか?
これらの体験談はクレジットカード現金化の詐欺業者が書いた可能性が高く、実際には利用者による名前の体験談なんて存在しません。
私がパンを作ってたら、なぜかアンパ○マンが出来たくらいあり得ないことです。

今や口コミを書く仕事さえネット上にあり、「webライター」で調べると1文字1円ほどで口コミを書いてくれる企業もあります。
1%ほどは利用者による体験談もあるのかもしれませんが、99%は嘘の情報に塗れた体験談となっていますので現金化利用者は体験談に騙されないように注意が必要なのです。

詐欺られない現金化体験談は自分の経験のみ

一昔前とは違い、今は誰もが簡単にサイトを作成することができます。
そんなインターネットに流れている体験談が真実であるという保証はどこにもありません。

現金化業者を比較する際に、口コミや体験談を参考に決めてしまえば詐欺業者の甘い罠にまんまと引っかかることになります。
私はそれで30万円を詐欺で失いました。

インターネットの情報は嘘が多く、どれも信用できないというのが真実なのです。
「詐欺業者を利用したい」というのであれば体験談を参考にしても構いませんが、そんな稀有な人はそうそういないでしょう。

現金化を利用したいのであれば、他人の体験談ではなく、もっとも信用できる自分の体験談を参考にしましょう。
つまり、現金化業者に電話をして確かめるのが最強ということです。

何でもかんでも信用して自分で判断せずに後々「詐欺業者に騙された!」と叫んでも悪いのはあなたですよ。
しっかりと考えて、嘘の情報を避けるスキルは現代社会では必須スキルです。